読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

期待値調整の大事さを、改めて学ばせてくれた刺し身

昨日は月初恒例の決起会でした

 

「”安いけど”美味しいお店あるよ~」と言われて初めて言ったお店で

魚系の居酒屋で色々な料理があって、食べて飲んでお会計へ。

 

会計額は、合計で6万2千円。(7人)

 

「”安いけど”美味しいお店あるよ~」で言ったお店で、6万2千円(2時間)

 

「そんなに食った?飲んだ?」と思いながら、レシートを見ると、刺し身が1皿1万円。

確かに刺し身がすごい美味かったけど、

「”安いけど”美味しいお店あるよ~」で1皿1万円。

 

飲み会の帰り道で、刺し身を注文していたチーフが、

ゴリラ系セクマネに「期待値調整が下手!!」「めちゃめちゃ美味しくて普段は2,3万円だけど、今日は1万円だよ」なら安く感じる、納得する、だけど「”安いけど”美味しいお店あるよ~」で1皿1万円は違うよね?的に2,30分位鬼のように言われてました。笑

 

期待値調整が大事だな~

 

勿論本気で怒ってるわけじゃないけど、結構長い間言われてました。笑

 

期待値調整意識して、今日は受注してこよう。zosu