読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元も子もないと思ったら意外にポジティブだった名言

配られたカードで勝負するっきゃないのさ、それがどうゆう意味であれ。」


このスヌーピーの名言。

知ってる人も多いかもしれないけれど、意味まで知っている人は少ないと思う


朝の研修で出た話で、ざっくり説明すると、

人の能力の頂上は決まってて、イノベーションが起きたとしても、頂上に行くまでの時間が早まるだけで頂上の場所は変わらない



これだけ聞くと、いよいよ遺伝子恨むしか無くなるような元も子もない話だと少し思ってしまうけど、

調べてみたら本当にポジティブな名言でした



スヌーピーは、アメリカの漫画家チャールズ・M・シュルツ(1947-1999)の漫画「ピーナッツ」に登場する犬のキャラクター。
この言葉は下記の会話中でのもの。

ルーシー「Sometimes I wonder you can stand being just a dog ….」 
(時々、わたしはどうしてあなたが犬なんかでいられるのか不思議に思うわ。) 

スヌーピー「You play with the cards you’re dealt …whatever that means. 」
(配られたカードで勝負するしかないのさ…..それがどういう意味であれ。)


もっと○○だったら・・」とか「どうして自分は○○じゃなかったんだろう」なんて言葉が出てきた時に思い出したい言葉。現状を悔やむのではなく、そこから力強い一歩を踏み出していくことで、現状を変えられる。



意外と深い!


そもそも何に対しても初めから器用にできるような天才じゃないので、

意味の無い後悔はせずに、反省だけして、ガムシャラにやるだけですね。


zosu!!